情報プラザ

セゾン文化財団 助成事業報告会「地域課題に対して演劇ができること-アーティストと行政の連携による取組みの報告」

2019/04/05 掲載

セゾン文化財団の助成プログラム「創造環境イノベーション」は、現代演劇・舞踊界の現在の問題点を明らかにし、解決を目指す事業を対象に公募しています。この度、2016-18年度の3年間の助成期間を終了した「スタートアップ」事業の報告会およびディスカッションを実施いたします。2019年度は、アートネットワーク・ジャパン「立川市南側エリア創客プロジェクト」、姜侖秀(カンユンス)「インターナショナル・シェアハウス・照ラス」の二事業の報告を行います。それぞれ、東京都立川市と、岡山県真庭市で、アートNPOやアーティストが行政と連携し、演劇の手法を通じて、コミュニティーの活性化に取り組み、地域の人々の芸術への関心を高める取組みです。両事業の報告を受け、有識者を交えたディスカッションにより、成果と課題を共有します。

地域 関東
発信元種別 その他
発信元名 公益財団法人セゾン文化財団
場所 セゾン文化財団 森下スタジオ(江東区森下)
日程 2019年7月5日(金)
時間 15:00-17:00
詳細 セゾン文化財団 助成事業報告会「地域課題に対して演劇ができること-アーティストと行政の連携による取組みの報告」
備考 詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.saison.or.jp/topics/01.html
お問い合わせ方法 メールか電話でお問い合わせください。
お問い合わせ先 公益財団法人セゾン文化財団
担当者 岡本
住所 東京都中央区京橋3-12-7 京橋山本ビル4F
TEL 03-3535-5566
FAX 03-3535-5565
メール houkoku2019@saison.or.jp
URL http://www.saison.or.jp/topics/01.html

ページの先頭へ