情報プラザ

「ロサンゼルス・フィルのCEO(最高経営責任者)&COO(最高執行責任者)とのダイアローグ」参加者募集

2019/03/11 掲載

今年で100周年を迎えたロサンゼルス・フィルハーモニック(LAフィル)。
20年前低迷していたLAフィルは、「21世紀のオーケストラを牽引する存在になる」というビジョンを掲げ、積極的な取組を開始。その後の20年間で年間予算は2倍以上の130億円、基金も5倍の350億円となり、アメリカで最大規模のオーケストラとなった。今回は、昨年LAフィルのCEOに就任したSimon Woods氏と、2002年から芸術面を担当しているCOOのChad Smith氏を迎えて、芸術団体が果たすべき社会的な役割・責任について経営面と芸術面から具体的にお話ししていただき、参加者とのダイアローグを交えながら進めます。

地域 関東
発信元種別 その他
発信元名 一般社団法人 Music Dialogue
場所 政策研究大学院大学 大講義室 L (5階) ※1階入口(南門)よりお入りください。最寄り駅:日比谷線六本木駅・東京メトロ千代田線乃木坂駅
日程 2019年3月21日(木)
時間 10:00-12:30
お申込締切日 2019年3月15日(金)
詳細 セミナー開催案内
備考 ◇詳細は開催案内をご覧ください。
◇申込みはこちらから http://urx3.nu/SHNc
お問い合わせ先 一般社団法人 Music Dialogue
メール info@music-dialogue.org
URL https://www.music-dialogue.org

ページの先頭へ