情報プラザ

【正会員対象】令和元年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業「集団補聴システムの普及実態に関する調査」にご協力をお願いいたします。

2019/12/02 掲載

現在、難聴者は国内で約550万人いるとも言われており、今後さらに高齢化などによりその人数は増加することが予想されています。特に広い場所やホールのように音が拡散する場所、騒々しい場所では聴覚障害者自身が補聴器の使用によって聴きたい音声を聞きわけることは困難と言われています。集団補聴システムはこうした補聴器の機能の限界をカバーするものであり、聴覚障害者の情報保障並びにQOL向上に質するものと考えられます。本調査では、全府省庁、都道府県・市区町村、文化施設、聴覚特別支援学校におけるヒアリングループをはじめとする集団補聴システムの普及状況についての実態把握及び好事例の収集、当事者の集団補聴システムに対するニーズを把握し、今後の集団補聴システムの敷設・設置を検討するための参考資料として活用することを目的としています。本調査の趣旨をご理解いただき、何卒、ご回答賜りますようよろしくお願いいたします。

地域 全国
発信元種別 その他
発信元名 MS&ADインターリスク総研株式会社
日程 2019年12月1日(日) ~ 2019年12月27日(金)
お申込締切日 2019年12月27日(金)
詳細 郵送された調査票に手書きでご記入し返信用封筒に同封しご返送ください。(※調査票を添付しています)
備考 ◆調査対象◆
・全国公立文化施設協会 正会員施設
(※事前に調査票を郵送にてお送りします。)

◆調査内容◆
1.調査事項
貴施設の集団補聴システムの敷設・設置、運用状況に関する現況(平成31年4月現在)
2.記載方法
郵送された「調査票」に手書きでご記入のうえ、同封の返信用封筒で返送ください。
※Excel版の調査票をご希望の方は、下記お問い合わせ先へメールでお問合せください。
お問い合わせ方法 下記のお問い合わせ先にメールもしくは電話にて、お願いします。
お問い合わせ先 MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部 事業継続マネジメント第二グループ 福祉医療戦略ユニット
担当者 岡本慎一 ・志賀洋祐・ 西川耀
住所 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2ー105 ワテラスアネックス
TEL 090-9979-2487
FAX 03-5296-8941
メール hosougu2019@ms-ins.com

ページの先頭へ