専門人材詳細情報

氏名(敬称略) コーディネーター
橋本 恭一
肩書 宇治市文化会館 館長
専門分野経営管理 マーケティング
広報・宣伝
IT活用
運営業務 チケッティング
接遇
トラブル・苦情対応
施設管理 その他(COVID-19 対策)
企画制作 事業企画立案
公演制作・進行
普及啓発
地域貢献活動
その他(次世代育成、企業連携)
舞台芸術知識 音楽(クラシック、ジャズ、民俗)
その他(異分野協働企画)
プロフィール 福井県生まれ。中学校の音楽教師を12 年間勤める間、担当の吹奏楽部においてマーチングを導入して地元企業から衣裳提供の応援を得たり、男子生徒を集めてNHK音楽(合唱)コンクールに参加したり、生徒会活動で生徒主導の学校祭を指導したりと、「イベント系」取組みに傾注。その後、福井県が音楽専用ホールを建設するにあたって行政職に転籍。福井県文化振興事業団に出向し、7年間勤務。県教育委員会への異動を機に、退職を決意。公益財団法人佐世保地域文化事業財団(アルカスSASEBO)の職員として4年間勤務後、故郷に帰り古巣の公益財団法人福井県文化振興事業団にプロパー職員として採用され、福井県立音楽堂プロデューサーとして14 年間勤続。延長雇用の打診を断るべく在職中新たな道を模索するもCOVID-19 に邪魔され、徹底的に対策を研究。全国で唯一、館独自の対策指針を専門家の協力を仰ぎ整備した。予定通り定年退職し、この4月、宇治市文化会館館長に就任した。
備考
報告書

ページの先頭へ