専門人材詳細情報

氏名(敬称略) コーディネーター
漢 幸雄
肩書 あさひサンライズホール 館長兼芸術監督
一般社団法人舞藝舎専務理事
一般社団法人舞台芸術共同企画理事長
専門分野文化政策・制度 自治制度
経営管理 組織管理
運営業務 貸館業務
接遇
トラブル・苦情対応
施設管理 維持・管理
改修・更新
企画制作 事業企画立案
公演制作・進行
普及啓発
地域貢献活動
舞台技術 舞台管理
舞台音響
舞台芸術知識 演劇
演芸
特記事項学校との連携事業、市民参加型事業を継続して手がけています。
プロフィール 1978年に朝日町役場、2005年に市町村合併となり士別市職員。
1989年に文化施設建設の企画に携わり、1993年に教育委員会へ出向し、翌1994年にあさひサンライズホールをオープン。人口の少ない少子高齢化地域における舞台事業を企画。現在までに鑑賞型事業を340本手がけるほか、演劇、音楽、ダンス等のワークショップを実施した。
2003年に同ホールの事業を演劇中心とする方向へ転換し、市民参加劇「体験版 芝居で遊びましょ♪」、2007年に市内教職員による演劇公演「センセイノチカラ」を立ち上げ、現在まで毎年その製作を継続。道内外のプロの演出家が1か月以上にわたり地域に滞在して演劇公演を製作している。この間にプロデュースしたアマチュア演劇公演は約40本。
市町村合併後は市内全小中学校へのアウトリーチを毎年80回程度実施し、子どもたちのアート体験を支援。
2020年3月に定年退職後、一般社団法人舞藝舎を立ち上げあさひサンライズホールの指定管理者となる。同社団専務理事・館長。一般社団法人舞台芸術共同企画理事長に就任。
備考

ページの先頭へ