専門人材詳細情報

氏名(敬称略) コーディネーター
町田 龍一
肩書 公益財団法人日本製鉄文化財団 紀尾井ホール 前常務理事
専門分野経営管理 組織管理
人事管理
広報・宣伝
運営業務 貸館業務
チケッティング
顧客管理
接遇
トラブル・苦情対応
企画制作 事業企画立案
公演制作・進行
普及啓発
地域貢献活動
舞台芸術知識 音楽
演劇
ダンス・舞踊
伝統芸能
特記事項ホール全体管理者としての経験から収益管理、クラシック・邦楽の公演企画遂行、貸しホール、対外広報その他多面的視点からのご相談をお受けできると考えます。お役に立てれば幸甚です。
プロフィール  1975年 九州大学法学部卒業 新日本製鐵(株)入社
 1997年 新日鉄住金文化財団(現日本製鉄文化財団) 紀尾井ホール 業務部長
 2003年 事務局長
 2010年 常務理事
 2018年 東京都江戸東京博物館 ホール利用選考委員長

 紀尾井ホールはクラシックの800席と邦楽専用の250席のホールを有し1995年に開館したが、その両ホールの主催公演の企画実行、外部貸出し、広報および全体内部管理業務を担う。洋楽主催公演では紀尾井ホール室内管弦楽団を組織し、定期演奏会は2021年5月に第126回を数えた。海外においても欧州、アメリカ、韓国で音楽祭からの招聘公演等に応じ役20回の公演を行った。洋楽公演ではパオロ・カリニャーニ、ペーター・レーゼルなど知られざる演奏家の発掘、紹介にも努めた。邦楽分野では義太夫、長唄、常磐津、清元などの伝統音楽の企画に際し、近松復曲三夜、竹本住太夫三夜、邦楽華麗なる技、江戸邦楽の風景、江戸音楽の巨匠たち、邦楽ドラマなど分かり易いテーマを基本とし、それぞれを複数回のシリーズ公演として実行した。
備考

ページの先頭へ