専門人材詳細情報

氏名(敬称略) コーディネーター
松本 茂章
肩書 文化と地域デザイン研究所代表/法政大学多摩共生社会研究所特任研究員・大学院講師/文化ジャーナリスト
専門分野文化政策・制度 関連諸法
指定管理者制度
自治制度
その他(文化と地域デザイン)
経営管理 組織管理
人事管理
資金調達
広報・宣伝
その他(自治体財団の管理と運営)
企画制作 地域貢献活動
舞台芸術知識 音楽
演劇
ダンス・舞踊
伝統芸能
演芸
その他(松竹歌劇)
特記事項官民協働の文化政策、文化政策・アートマネジメント分野における「官と民の接点」に関心がある。
プロフィール 文化政策研究者。文化と地域デザイン研究所代表。法政大学多摩共生社会研究所特任研究員・大学院講師。専門は公立文化施設の管理と運営、指定管理者制度など。

文化ジャーナリストの面もあり、時事通信社の行政雑誌『地方自治』、産経新聞社のHP「エンタメ」欄に連載を執筆中。
日本アートマネジメント学会会長、日本文化学会理事、島田市文化芸術推進協議会会長、掛川市文化政策審議会副会長など。

早稲田大学卒業。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(後期課程)修了。博士(政策科学)。
読売新聞記者・デスク・支局長(1981-2006)、県立高知女子大学文化学部教授(2006-2011)、静岡文化芸術大学教授(2011-2022)を歴任。

単著に
『芸術創造拠点と自治体文化政策 京都芸術センターの試み』(2006)
『官民協働の文化政策 人材・資金・場』(2011)
『日本の文化施設を歩く 官民協働のまちづくり』(2015)(いずれも水曜社)
編著に
中川幾郎・松本茂章『指定管理者は今どうなっているのか』(水曜社、2007)
松本茂章編『岐路に立つ指定管理者制度 -変容するパートナーシップ-』(水曜社、2019)
松本茂章編『文化で地域をデザインする 地域の課題と文化をつなぐ現場から』(学芸出版社、2020)
松本茂章編『はじまりのアートマネジメント』(水曜社、2021)。
松本茂章編『ヘリテージマネジメント 地域を変える文化遺産の活かし方』(学芸出版社、2022)など。
共著多数。
備考

ページの先頭へ