専門人材詳細情報

氏名(敬称略) コーディネーター
國重 静司
肩書 女子美術大学 非常勤講師
クリエイティブ・メディアアーキテクト
専門分野経営管理 組織管理
人事管理
財務管理
マーケティング
広報・宣伝
情報公開
個人情報保護
IT活用
評価制度
運営業務 顧客管理
施設管理 維持・管理
改修・更新
安全管理・事故防止
危機管理・リスクマネジメント
その他(デジタル関係施設)
企画制作 事業企画立案
公演制作・進行
普及啓発
地域貢献活動
その他(地域活性化イベント等)
舞台技術 舞台管理
舞台機構
舞台照明
舞台音響
舞台芸術知識 伝統芸能
演芸
その他(ライブパフォーマンス)
プロフィール 1952年 9月13日 生まれ。
女子美術大学非常勤講師(2010年~)、東京大学大学院情報学環 非常勤講師(2007-2011)
クリエイティブ・メディアアーキテクト、第13回マルチメディアコンテンツグランプリ・インダストリー賞、第10回映像情報メディア学会放送番組技術賞を受賞。
株式会社ビットメディア アドバイザー、小布施町 政策顧問(芸術文化・デジタル)、サントリーホール アドバイザー、株式会社トリビアフレーム 代表取締役社長

1980年
 NHK放送センターにおいて、日本の放送分野で初めてとなる、3次元CG制作システムを開発整備。
 CG・VFX映像表現開発や効率的かつ効果的な映像制作手法の開発にも従事。
1985年
 米国MITメディア研究所客員研究員として、CGと人工知能連携による、対話型の映像ロボット「ホロン博士」を世界で
 初めて開発。NHK大型企画シリーズ番組『21世紀は警告する』のアンカー用の3次元CGアニメーションシステム開発
 およびそのシステムによるアニメーション制作に従事。
 NHKインターネット事業立ち上げ。世界初「ワンソース・マルチアウトプット」XMLデータ変換システム開発。
1988年
 世界初の局内トータルデジタルシステム開発整備、地上デジタル・BSハイビジョン放送マスターなどの設備設計・整備に
 従事。
2008年
 株式会社NHKアートに転じ、常務取締役として、ホール運営事業および、世界初の劇場版ハイビジョン立体3Dデジタル
 映像開発、大河ドラマ、NHKスペシャル、紅白歌合戦等のCG・VFX映像開発政作など、テクノロジーとアートの連携・
 融合による新たなデジタル映像コンテンツ開発・制作を推進。独自開発システムによる、上野寛永寺、湯島天神、
 長野県小布施町、弘前市など、参加型・体験型プロジェクションマッピング開発。
 対話型デジタルサイネージシステム開発整備(筑波大学、サントリーホール、シンフォニア岩国ホール)
2017年~2019年
 株式会社トリビアフレーム設立。クリエイティブ・メディアアーキテクトとして、スーパーハイビジョン4K8K特性を
 生かした、葛飾北斎の肉筆画リアルタイム3DCG、美術館収蔵品撮影等にチャレンジ。世界らん展2019、“4K8Kによる
 光と花のシンフォニー”など、「“伝わるように、伝える”メディアコミュニケーション」活動を展開。
備考

ページの先頭へ